歯槽膿漏と根管治療の関係

050520(149)

 

歯槽膿漏とは歯周病ともよばれ、虫歯(齲蝕)と並ぶ、歯を悪くしたり、失ったりする原因となる、歯科の疾患を一つです。

歯槽膿漏は虫歯と違い、自覚症状が少なく、現在、成人の約70%以上が、何らかの歯槽膿漏(歯周病)に罹っているといわれています。

また、歯槽膿漏(歯周病)は、単なるお口の病気にとどまらす、歯槽膿漏(歯周病)と全身の疾患(脳卒中、肺炎、心疾患、糖尿病、など)へ影響を及ぼす全身の疾患と密接な関係にある、病気であり、多くの病気が、自覚症状がなく進行したり、その病気が、全身の健康を害する影響のあるものであるような疾患の一つです。

この歯槽膿漏(歯周病)が進行進んだものが、歯の根の先からや、歯の根の周りから歯の神経を感染させたり、壊死させたりして根管治療が必要になります。

歯槽膿漏(歯周病)の原因

 

歯槽膿漏(歯周病)の原因には代表的なものとして、次のようなものがあります。

局所的原因
  • プラーク(歯垢)
  • 歯石
  • 不良修復物・補綴物(歯の詰め物や被せ物)
  • 歯の形態異常
  • 歯ぐきの形態(痩せた歯ぐき、柔らかい歯ぐき、歯ぐきのスジ)
  • 口呼吸
  • 外傷性咬合(かみ合わせの異常)
  • ブラキシズム(歯ぎしり、食いしばり)
  • 弄舌癖
  • 職業性習癖
全身的原因
  • 生活習慣
  • 食生活
  • 精神的要因
  • 全身疾患
  • 妊娠
  • 薬物の副作用等
  • 遺伝的要因

診断と症状

歯槽膿漏(歯周病)の症状には

  • 歯肉の炎症(出血、腫脹、発赤)
  • 歯周ポケットの形成(歯と歯茎の隙間の拡大)
  • 歯肉の退縮(歯根の露出)
  • 歯の動揺(歯がグラクラする)
  • 歯の病的移動
  • 根分岐部病変(歯の根っこの分かれ目の
  • 歯槽骨吸収
  • 骨の形態異常
  • 排膿
  • 口臭
  • 疼痛

歯槽膿漏(歯周病)の診断症状には、大きく

  • 歯肉炎(歯ぐきの歯槽膿漏)
  • 歯周炎(歯を支えている顎の骨の歯槽膿漏)

に分けられます。

歯槽膿漏(歯周病)治療の検査

歯槽膿漏(歯周病)治療の検査には、問診、視診、触診、打診、温度診、電子歯髄診、レントゲン診査、咬合診などがあります。

歯槽膿漏(歯周病)治療の進め方

緊急処置
  • 歯周膿瘍
  • 根尖膿瘍
  • 急性歯髄炎
初期治療
  • プラークコントロール、モチベーション(動機付け)、ブラッシング指導
  • スケーリング、ルートプレーニング
  • 歯周ポケット掻把
  • 咬合調整
  • 保存不可能な歯の抜去
  • 暫間固定
  • 不良補綴物の修正、除去
  • 習癖の矯正
  • 虫歯等の処置
  • 緊急処置
  • 暫間補綴
  • 部分矯正
  • その他
再評価
  • 口腔内及び歯周組織の状態と、経過
歯周外科
  • 歯周ポケットの外科的除去と、歯周組織の形態修正

 

最終治療
  • 咬合調整
  • 永久固定
  • 修復
  • 矯正
  • 補綴
メインテナンス
  • 定期健診
  • レントゲンによる経過観察

歯槽膿漏と虫歯の関係

関連記事一覧

PAGE TOP