トップページ

根管治療のナビ 根管治療ドットコムへようこそ。

 

根管治療とは歯の根の治療(歯の神経,歯髄の治療)のことで、日本では根管治療(根冠治療、根幹治療ではなく)、あるいは、専門的には歯内療法と呼ばれます。

この治療はいわゆる、歯の神経を抜くという意味合いの治療ではなく、虫歯、歯槽膿漏、かみ合わせの問題、その他の、歯の疾患原因により、歯の神経としての役目を終えてしまった歯の神経の代わりに、歯科医師が、歯の内部に、歯を生きた歯と同じようにその後もお口の中に、咀嚼組織としての機能及び、審美的に健康な口腔状態を維持させるために発達した、お口の健康のために、非常に大切な治療です。

 

よりわかりやすくいいかえれば、歯が痛んだり、腫れたりしたときに、その原因となる歯を原因を除去するために抜いてしまうのではなく、痛みや、腫れの症状のみを取り除き、歯の健康を回復して、歯を抜かずに(抜歯をしないで)よみがえらせる治療です。

日本では、歯が痛い時に、歯の神経を治療することが必要と診断された場合、歯の神経の治療は専門になるので専門医に行くようにといった紹介をされることはありませんが、歯科先進国のアメリカには、Enddontistという専門医(Specialist)が行う、Enddontictreatment、あるいはRootcanaltreatmentと呼ばれる治療を指します。

なぜ、アメリカでは、この根管治療が専門の治療に分けられているかというと、その治療の難しさに理由があります。

今日、目覚ましい、発達をし、歯科治療のレベルをおおいに高めた治療の一つに、歯科インプランントがあります。この歯科インプランントの治療は、失った歯(永久歯)をもう一度取り戻す、歯科の再生、再建治療として、非常に重要な役割を果たし、その治療のメリットを多くな患者様が享受し、一昔前では、一度歯を失うと、入れ歯(義歯)でその失った部分を補う以外に方法がなかったことから考えても、大変な素晴らしい治療です。

根管治療は、そのインプランントの治療のずっと以前からある治療ですが、痛みや腫れがあると、歯を抜いていた時代には、同じく、その当時の歯を抜かずに(抜歯をしないで)よみがえらせる、素晴らしい再生治療の一つです。

どちらの治療も、現在ほぼ、治療法も確立され、安定した治療ですが、依然、根管治療が、専門治療とされているのは、その精密さと難易度に差があるからです。

具体的には、インプラントは、骨にドリルで穴をあけ、差し歯を埋め込みます。一方、根管治療は、その骨より小さい、歯の根にドリルで穴をあけ、差し歯を埋め込みます。

そして、治療後、骨に行ったインプラント治療は、骨の自然治癒に助けられ、安定しますが、根管治療は、歯が自然治癒することがないため、確実に歯科医師が治さなければならないといった違いが、難しさの違いの一つになります。(ただし、インプラントはより全身的な手術の難しさを伴います。)

また、根管治療、歯の根の治療(歯の神経,歯髄の治療) はその治療だけでなく、症状によって、原因の特定などをすることで、多岐にわたる診断を的確に行い、適正つに治療しなければなりませんが、その診断は、一言に根管治療、歯の根の治療(歯の神経,歯髄の治療)と言っても、歯の神経の疾患の症状が、歯髄疾患(いわゆる歯髄炎)と根尖性歯周疾患(いわゆる感染根管)に分類され、また、歯髄疾患(いわゆる歯髄炎)にも、歯髄充血、急性単純性歯髄炎、急性化膿性歯髄炎、壊疽性歯髄炎、慢性潰瘍性歯髄炎、慢性増殖性歯髄炎、慢性閉鎖性歯髄炎、歯髄壊死、歯髄壊疽、上行性歯髄炎、特発性歯髄炎、歯髄の退行性変化に分類されます。 また、根尖性歯周疾患(いわゆる感染根管)も、急性単純性根尖性歯周炎、急性化膿性根尖性歯周炎、慢性単純性根尖性歯周炎、慢性化膿性根尖性歯周炎、歯根肉芽腫、歯根嚢胞、フェニックス膿瘍に分類されます。 このようなことにより、その技術の差が大きな根管治療は、歯を大切にしたい、患者様にとってとても、歯を抜かずに(抜歯をしないで)よみがえらせることができるチャンスとなる、大切な治療になるはずです。

 

根管治療ナビ根管治療ドットコムでは、根管治療(歯の根の治療、歯内療法)について、有益な情報発信をすることにより、歯を抜かずに残せる(抜歯をしない)、よみがえらせる、あるいはインプラントにしなくて済む、素晴らしい歯科治療について理解を深めていただければ幸いです。 また、歯を抜かないためにも最後の治療。入れ歯(義歯)にならない為にも大切な治療になります。  

症状で調べる歯の根の病気

病名で調べる歯の根の病気

目(写真)で見る歯の根の病気のセルフチェック

          その他の目(写真)で見るセルフチェックは詳細ページへ  

目(動画)で見る歯の根の病気のセルフチェック